研究紹介
Research Projects


ウェアラブルロボットグループ

上肢動作支援ロボット(アクティブギプス)の開発
上肢機能障がい者を対象とした残存筋力を手先に伝達する装着型ロボット(アクティブギブス)の開発を行っています.日常生活支援のほか,筋力リハビリテーションとしての効果も期待されます.さらに現在は,下肢動作を対象としたロボット装具の開発も行っています.
アクティブギブスによる
車いす操作支援
QOL向上を実現するメカニカル装具の開発
膝関節や体幹に機能障害を持つ患者を対象とし,リハビリテーションやQOLの向上を目的とした人間工学に基づくメカニカルな装具の開発を行っています.
変形性膝関節症患者のための
ロボット装具の開発

人間中心ロボティクスグループ

自立支援型福祉ロボットの開発
重度障害者の自立を支援するための福祉ロボットの開発を行っています.転倒防止を考慮した美しい歩行を実現するロボット義足や脳機能障害者を対象とした電動車いすの開発を行っています.
美しい歩行を実現する
ロボット義足の開発
利用者の症状に応じた生活支援
ロボットの開発
物体の把持などの日常動作を支援する電動車いす搭載型ロボットアームの開発を行っています.また,患者の残存機能によって操作可能なインターフェースの開発も行っています.
電動車いす搭載用
ロボットアームの開発
人間協調型作業支援ロボット開発
医療・福祉・産業分野において人とロボットが共存して作業を行えるロボットを開発しています.また,手ぶれ補正技術を援用した人間-ロボット協調型外科手術支援システムの開発をしています.
外科手術支援ロボットの開発 液体ハンドリングロボットの開発


自立支援型福祉ロボットの開発
身体障害を持つ方や高齢者の方を対象として,運動感覚の改善や心身のリラックス効果を目的とした福祉ロボットの開発を行っています.スポーツ,ギター演奏,描画などの活動を支援しています.
ギター演奏支援装置「響楽」の開発
 
描画支援ロボットによる
創作活動の支援

CFD最適化グループ

鋳造プロセスの自動化制御・最適化
数値流体力学(CFD)を援用した最適化システムの開発を行うとともに,製品の高品質・高機能・高耐久性を実現する鋳造プロセスおよび鋳型方案形状の最適化に関する研究を行っています.
ダイカスト製品の最適形状
医療デバイス用バイオシステムの開発
動脈硬化症や感染症等の早期治癒を実現するドラッグデリバリーシステムの開発や,マイクロフルイディックデバイスを用いたセルソータといった最先端医療システムの開発を行っています.
がん細胞を対象とした
マイクロフルイディックの解析

移動ロボットグループ

次世代パーソナルモビリティの開発
来る超高齢社会に向け,農作業や家庭での軽作業を一人で行うことができる不整地対応型パーソナルモビリティの開発や,危険かつ悪環境での作業を遠隔で行える移動ロボットを開発しています.
不整地対応型
パーソナルモビリティ
ドライブロボットの開発
ロボットが外部環境と接した際の環境認知に関する問題を解決し,災害発生時における人命救助等を目的として,ヒューマノイドロボットによる車両の自動運転制御に関する研究を行っています.
ドライブロボットによる
自動運転テスト

制御システムグループ

ギター演奏支援装置の開発
脳性麻痺などの身体障害を持つ方を対象として,音楽療法によるQOLの向上,合奏によるコミュニケーション手段の獲得を目的としたギター演奏を支援する装置の開発を行っています.
脳性麻痺者を対象とした
ギター演奏支援装置の開発
移動物体位置推定の卓球ロボットへの応用
移動物体の位置推定を用いて, ロボットによる卓球ボールの打ち返しに関する研究を行っています. 最終的にはヒトとロボットによる卓球ラリーを行うことにより人間と機械の共生を目指しています.
卓球ロボットにおける
ボール軌道推定

知能ロボットグループ

自立移動ロボットの開発
小型自立移動ロボット「MieC」を用いて,コミュニケーションロボットの開発,画像・音声認識の研究,言語教育ロボットの研究,野外自立走行ロボットを開発しています.
自立移動ロボット「MieC」
運転支援システムの開発
自動車が人の運転操作系列を蓄積して学習しながら,それに基づきステアリングに力覚を介して適切な操作を示そうとする研究です.現在は,卓上モデルでの成果を実際の小型電気乗用車に適応しようとしています.
小型電気乗用車COMS